【評価A】石橋渉の素人生ドル23 完全レビュー

皆さんは「石橋渉の素人生ドル」シリーズをご存知でしょうか。

最近の素人ナンパAVは条例の影響とか、強制出演の問題とかあって純粋な素人が出演していることはまずありません。

「あれ、この女の子、別のAVでも見たことあるぞ」

っていうことが度々起こるのが現代の素人ナンパAVです。深田えいみとか超有名AV女優が素人役として出演していることもあります。

しかし、2000年代はまだ何もかもがゆるい時代。「石橋渉の素人生ドル」に出演している女の子は他のAVでは見ることのない純度100%な素人です(なかにはプロダクションから紹介されたセミプロもいるかもしれませんが)。

なので、

  • 女の子がリアルに嫌がっているのに無理やり脱がす。
  • 女の子がリアルに嫌がっているのに無理やりフェラさせる。
  • 女の子がリオルに嫌がっているのに無理やり挿入する。

といった、グレーな行為がそのまま収録されてます。無理やりなんで事後にあからさまに不機嫌になる女の子もいます。

こんなことが許されるわけありません。こんなことをしてはダメです。

さらに、「生ドル」です。原則生挿入なんです。

2000年代はマジ生挿入が許された時代。さすがに中出しはしませんが、挿入したおちんちんを抜いて射精するまでに、ゴムを外す動作がありません。抜いて0.1秒後にそのままお腹に射精です。

もちろん女の子から生挿入の了解を得ているわけではありません。繰り返しますが、こんなことが許されるわけないんです。

出演しているのは主にギャルです。2000年代に繁殖していた黒光りギャル。ここらへん時代を感じさせるのですが、なかには現代でも十分かわいいレベルの清楚系女の子も出演してます。そんな女の子を発掘するのもひとつの楽しみです。

といった「石橋渉の素人生ドル」シリーズ。僕は大好きで10年間くらい見続けています。現在もシリーズは続いているみたいですが、最近のやつにはあまり興味ありません。見るなら2000年代の古いやつです。

そんな「石橋渉の素人生ドル」シリーズをご紹介したいと思います。

石橋渉の素人生ドル23 作品情報

配信開始日: 2006/03/01
商品発売日: —-
収録時間: 127分
出演者: —-
監督: —-
シリーズ: 素人生ドル
メーカー: アートモード
レーベル: ARTMODE

アートモードが独立してからの3作目がこちらの”23”です。

ちなみにですが、”22”は廃盤になってます。いまはもう見ることができない幻の”22”。ジャケットは↓です。

中古DVDでも6,000円くらいに高騰してます。なんとかして見てみたい…。

石橋渉の素人生ドル 23

【評価B】1人目

ルックスはA級。そしておっぱいのカタチもよく柔らかそう。

なぜか乳首を露出すると笑いだす性格の良い女の子です。陰毛(薄い)とおまんこライト露出します。

かわいい女の子なんで男優陣もやや強引に頑張りますが、手コキで終了。発射はないです。

【評価C】2人目

色白で肌のキレイな猫顔女子。

この人も乳首を露出するところで笑い出します。乳首を露出すると笑いだすのは、そういう土地柄なんでしょうか。

陰毛(濃い)とおまんこライト露出、そしてアナルまで披露。しかし、おちんちんが出てきたところで唐突に不機嫌になり、気まずい雰囲気で終了。

【評価C】3人目

明確なギャル。

ギャルにも良いギャルと悪いギャルがいますが、このひとは悪いギャルです。

あっさりおっぱい丸出しなるんですけど、そのあと雑な手コキを始めます。なかなか発射できない男優にギャルがイラ立ちますが、そんな手コキじゃ無理だよ。だって痛そうだもん。

で、なんとか発射してこれで終わるのかと思ったら、怒りの男優が強引に悪いギャルのパンツずらして手を突っ込んで手マンするんですよ。

「ほんと、無理!ほんと、やめて!」

悪いギャルがすごい嫌がってるんですけど、そんなのは気にせず手マンを続ける男優。徐々に手マンが効いてきて、悪いギャルがアンアン言い出すんです。

雑な手コキされて怒った男優が、手マンで悪いギャルを懲らしめる構図。ギャルはC級ですが、ここはひとつのクライマックスです。

【評価A】4人目

カラオケボックスで撮影。のっけからですけど、このひとエロいです。性欲の塊。

始めはおっぱい出すのも躊躇するんですけど、チューされたところで豹変します。

手マンされると

「あ、だめ、あーあん、あん、もうだめ!もうだめ!」

とまるでアダルトビデオみたいな喘ぎ声あげるんです。そのままフェラからの挿入になりますが、

「まって!だめ!あ!だめ!そんなとこ!そんなに動かしちゃだめ!」

って、またアダルトビデオみたいな喘ぎ声あげるんですよ。

男優が発射した後も微妙に痙攣しちゃって、

「もう帰ります!」

とか拒否するんですけど、2本目挿入されたらまたアダルトビデオみたいな喘ぎ声で発射してまた痙攣。すごい素人もいるんもんですね。

【評価B】5人目

秋田のスナックでチーママやってそうなルックスなんですけど、声がかわいいしおっぱいも大きくて柔らかい。ルックス含めて酒井若菜とかそんな感じです、全然アリです。

ただし固い。おっぱい出して手コキまでで終了。発射はありません。

【評価C】6人目

これはひどい。

クルマのなかでセックスするんですけど、君はセックスしなくてもよかった。

【評価C】7人目

微妙だなー。長谷川るいっていうAV女優がいましたけど、あれに似てそうで似てない感じ。

露出はほぼなし。雑な手コキで発射して終了。手コキが途中までおちんちんを振ってるだけ(手を上下に動かすのではなく、揺らしてるだけ)なんで、見ていると悲しくなりました。

【評価S】8人目

久しぶりにきたSランク女子。若干ロリっぽいルックスとスタイル、そして展開全てがSランク。オールタイム抜ける素人生ドル女子に入るくらいの逸材です。

ギャル要素は微塵もなく、見た目も声も完全なるロリ。セーラー服に着替えるところからスタートなんですけど、男優に乳首舐められるあたりから雰囲気変わってきます。

「お兄ちゃんやめて!」

って謎に男優をお兄ちゃんと呼ぶんですけど、この時点で気持ちよくなっちゃってるのがわかります。

そして、

「ちっちゃいからやだ~」

と言いながらもブラを外されおっぱい丸出し。

徐々にパンツにも男優の手が伸びていき、パンツを脱がされて手マンに。ここの我慢できずに悶える女子の姿勢とか声を押し殺してる感じとかがパーフェクトなんです。おまんこのくちゅくちゅ音も含めて。

続いてフェラ。

フェラにはあまり積極的ではない様子ですが、ゆっくりと咥えてくれます。そしてそのまま挿入へ。

挿入の瞬間に

「あ、入れないで!」

「ゴムしてないじゃん!」

っていうんですけど、気にせず挿入を続ける男優。

挿入中も

「いや!いや!」

って拒否の意思を示しますが、そんなのにかまわず男優がピストンを続けるとアンアン喘ぎ始めるこの展開が最高なんですよ。

まぁでもロリ女子もセックス好きみたいで、終わったあとは

「きもちかった!」

ってにっこりです。かわいい。

そのまま2本目突中ですけど、挿入する際に

「中に出さないでね」

って軽く念押しします(この時点でナマ挿入は許容)。

2本目は慣れない騎乗位も、後ろから突かれまくるバックも見れます。騎乗位で男優が下から突きまくるところなんてロリ女子よがりまくりですよ。

最後は精子をペロッと味見して終了です。とてもかわいい。

このあとのアフタートークまで含めて最高なんです。

「ナマはちんちんが滑りやすい。ナマのほうが気持ちよかった」

という正直な感想を聞けるアフタートークまで楽しめます。

評価

評価 A

4人目と8人目です。4人目のカラオケボックスでのセックスもいいんですけど、なんといっても8人目が神。

素人生ドルの長い歴史のなかでも、8人目は神レベルでかわいいですし、その展開も素晴らしいです。ふつうのAVじゃ観れないセックスがここにあります。

石橋渉の素人生ドル 23

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする